プロフィール

デジカメ丸

Author:デジカメ丸
伝統芸道修行中。
別館のHPツブコの茶店http://plaza.rakuten.co.jp/tubuko/“毎日必ず”upに挑戦中です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

フリーエリア

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
24年ぶりの場所
24年ぶりの庭

24年後の庭



桜の木は無かった。
住人も変わったようだった。






先日ある思い出の場所に行ってきました。
24年ぶりでした。
24年前に書いたコレクションという文を思い出し、
少し書き直しました。


........




コレクション


夕方うさぎが死んだ。
翌朝、柩に入れる草花を摘みに外に出た。


草花を摘みながら、うさぎは野原を知らなかったことを思った。
八年家の中で暮らしていて、
一度も外へ出たことがなかったのだった。


沢山の草花といっしょに、
好物のりんごのチップを入れる。
お気に入りのおもちゃも入れる。


ボタン、紐の切れ端
アルミの髪留め、どんぐりなどなど・・・


それらは、
うさぎの元気、うさぎの愉快。
生きたうさぎの証しなのだと思う。

                      
うさぎは近所に住む友人の庭に埋められた。
友人はその上に若い桜の木を植えてくれた。




次の日、兎の絵のついた小鉢を買った。
コップや皿や、茶碗を買った。
うさぎが遊んでいたのと同じのアルミの髪留めを見つけた。


・・・うさぎはそれををしがしがと噛んだり、
振りまわしながら、わざとびっくりしたように跳ねたりしたものだ。


私は毎日、私のうさぎを探しに街に出る。
深い紺色の目を探し、  幼い頬を探し・・・



そっくりな色の 木のうさぎ。そっくりな口元の置物。
後姿の似たブローチ。
か細い足だけが似ている青銅の兎型のクリップ。




兎のグッズがどんどん増える。 
部屋からはみ出し 廊下に溢れ、ドアを破り。

それでも (探しに行かなきゃ)
つぶやきながら、街のある遠くの空を仰ぐ。




あるとき、
私はふと、それらのひとつを胸に抱いた。
するとそれはするりと、私の胸に消えていった。
もうひとつ、抱いてみた。消えた。
次々と胸の穴に、集めたグッズは入っては消えた。


あの庭の桜が初めて咲いた年だったとおもう。









ツブコの茶店 キ イ ロ 










スポンサーサイト

或る日の景 | 2015/05/26(火) 15:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する